マンション等大規模修繕工事コンサルティング

あなたの大切な財産を守り維持するには、信頼できるプロの手による建物の「修繕計画」は欠かせません

耐久性のある鉄骨やコンクリートで造られたマンションやビルも経年により劣化が進みます。建物や設備の劣化に応じて適切な時期に修繕を行うことが、住まいの快適性の維持と財産価値の保全のために重要です。早めに「長期修繕計画」をたて、プランに基づいて修繕費用を積み立てて、計画的に修繕を行うと共に保守・点検や経常修繕を着実に行いましょう。

マンションの管理組合など、住民が主体となって取り組んでいく大規模修繕工事においては、検討プロセスの透明性と公平性が最も重視されます。
大規模修繕の実務は、高度な専門知識、経験が必要とされるものであり、管理組合単体で居住者の納得を得ながら、スムーズに検討を進めることは非常に難しいというのが現状です。
私たちは、一級建築士事務所という建築のプロフェッショナル集団としての知識と経験を活かし、専門家として中立な第三者の立場から適切なアドバイスを行い、大規模修繕を成功に導くサポートを行います。

分譲マンションについて

分譲マンションの維持・管理は、管理組合が主体となって行うことが基本です。この維持・管理には、管理組合の運営等のソフト面と、建物・設備のハード面の2つに分けることができます。
建物・設備に係る維持・管理については、建築に関する豊富な知識と経験がなければ適切な判断ができず、不適切な修繕や不十分な修理などを行ってしまうことになってしまいます。
分譲マンションを長期に渡り快適で安全な住まいとして維持し、また、大切な資産としての価値を保全するためには、保守・点検や経常修繕を着実に行うとともに、「長期修繕計画」をたて、この計画に基づき「修繕積立金」を積み立て、「計画修繕」を適切に行うことが大変重要です。

お住まいのマンションの「計画修繕」は、適切に行われていますか? また、「長期修繕計画」が、建設当時のままになっていませんか?

賃貸マンション、アパートについて

建物・設備の各部分の劣化の状況に応じて適切な時期に修繕を行わないと、劣化はどんどん進み、収益物件としての価値が低下してしまうことになります。また、劣化が一定以上進んでしまうと、修繕に多額の費用が必要となり、以前の状態に戻すことも困難になります。
このようなことから、賃貸マンションやアパートを長期にわたって収益性のある安全な物件として維持し、また、大切な資産としての価値を保全するために、計画修繕、すなわち長期的な修繕計画をたて、その計画に従って適切な時期に修繕工事を行うことが重要です。

一般的な大規模修繕工事の流れ

劣化調査・診断
建物の現況を把握し、改善工事のご提案を行います。
長期修繕計画の見直し
長期修繕計画を確認し、必要に応じて見直しを行います。
改修設計
改修項目を決定し、見積もりを取得するための仕様書・内訳書等の作成を行います。
施工会社選定補助
工事業者選定基準の作成、見積依頼要領書の作成等を行います。
工事監理
工事が仕様書通りに行われているか品質管理・工程管理等を行います。

当協会の対応業務内容と対象となる建築物

写真

分譲マンション、個人ビル・マンションのオーナー様向け

  • ○耐震診断→耐震補強設計、リフォーム、リノベーションなど
  • ○長期修繕計画の作成・見直し→大規模修繕工事コンサルティング
  • ○特殊建築物等定期調査報告(3年ごと)
  • ○建築設備定期報告(毎年)
  • ○建て替えコンサルティング
写真

一般住宅、アパート、賃貸マンションのオーナー様向け

  • ○耐震診断→耐震補強設計、リフォーム、リノベーションなど
  • ○長期修繕計画の作成・見直し→大規模修繕工事コンサルティング
  • ○特殊建築物等定期調査報告(3年ごと)
  • ○建築設備定期報告(毎年)
  • ○新築の設計・監理
  • ○建て替えコンサルティング

経験豊富な当協会で「劣化調査・診断」、「長期修繕計画」見直し・作成を!

  • 直接相談したい方へお近くの建築・設計事務所を探す
  • 協会へ相談したい方へお問い合わせフォーム

お役立ち情報